おおず 四国愛媛・大洲


愛媛県南部の南予地方に位置する大洲市。
その清き流れは、山々の間を縫い、時に勢いを増し、時に細流となり
曲線を描きながら、大洲のまちに恵みをもたらした。
江戸の昔、大洲城の城下町として栄えたその名残が、肱川のほとりに息づいている。
街をそぞろ歩けば、時の積み重ねを感じる、城下町の景。
この地に生きた人々の暮らしを追体験することで
旅の本質に触れられる気がした。
大洲への旅路
愛媛県南部の南予地方に位置する大洲市。
古き良き町並みが残る市内中心部を、清流肱川が優雅に流れる。
古くから大洲城を中心とした城下町として栄え、
山間部の河辺地区から瀬戸内海に面する長浜地区まで、
多様な文化が根付く。日本三大鵜飼に数えられる「大洲のうかい」でも有名。